「国内ならレッズだと…」 浦和加入のFW杉本、「昔から好き」な“14番”継承への想い

浦和に加入したFW杉本健勇【写真:Football ZONE web】
浦和に加入したFW杉本健勇【写真:Football ZONE web】

「強い覚悟」でC大阪から移籍 「良いものを盗みながらやりたい」

 今季J1のセレッソ大阪から浦和レッズに移籍したFW杉本健勇は、16日の新加入選手発表会見に臨むと「強い覚悟を持ってきたので、結果を残してリーグとACLを2つ取れるように頑張りたい」と決意のコメント。そして、昨季まで浦和一筋で17年間のキャリアを築いた平川忠亮氏から受け継いだ背番号「14」への思いも語った。

 杉本はC大阪の下部組織で育ち、2010年にトップ昇格。12年に東京ヴェルディ、15年に川崎フロンターレでプレーした経験を持ち、これまでにJ1通算177試合59得点を記録。日本代表としては17年に初キャップを記録し、8試合1得点の成績を残している。

 今回、移籍に至った決断の理由を「セレッソの下部組織で育ってきたので、ここに行きたいとか、移籍するとも思っていなかったですけど、これまでに一番は海外でプレーしたいと発言してきたのを知っている方もいると思いますが、国内ならレッズだと勝手ながら思っていたので」と話している。

 浦和には昨季J1の日本人最多得点(川崎FW小林悠と並ぶ15ゴール)を記録したFW興梠慎三がエースとして君臨し、オーストラリア代表としてアジアカップに出場中のFWアンドリュー・ナバウトや、現在負傷離脱中のブラジル人FWファブリシオ、運動量と幅広いプレーでレギュラーをつかんできたFW武藤雄樹らが所属する。それについても杉本は、「ポジション争いも望んできたことだし、一緒にプレーすることもある。自分にないものを持っている選手から、良いものを盗みながらやりたい」と語った。

 浦和での背番号は「14」に決定した。この番号は02年から昨季まで浦和一筋17年のキャリアを築いてきたDF平川忠亮氏が03年からつけてきた番号だ。平川氏の引退によって空き番号となったものを継承する理由について、杉本は元オランダ代表でバルセロナなどの監督も務めた故ヨハン・クライフ氏が好きだったということを前提に、決意を語っている。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング