アザール、契約残り1年も“値札”は139億円超 チェルシーが高額設定でレアル側を牽制

チェルシーのMFアザール【写真:Getty Images】
チェルシーのMFアザール【写真:Getty Images】

今季終了後の去就注目、チェルシーは安売りする気なし

 ベルギー代表MFエデン・アザールはレアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されているなか、所属のチェルシーはその移籍金を1億ポンド(約139億円)超に値定めたと、英紙「デイリー・テレグラフ」が報じた。

 アザールとチェルシーの契約は2020年6月までとなっている。昨夏から移籍の噂は絶えず流れているが、アザール自身が今季はチェルシーに残留することを明言していた。そのため、注目は今季終了後となる。

 去就問題について、チェルシーはある結論を出したようだ。アザールのレアルへの移籍について、移籍金1億ポンド(約139億円)以下では容認しないと報じられた。契約が残り1年となる選手としては、異例の高額設定と言える。

 チェルシーは来夏にドルトムントからアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチの加入が決まっているとはいえ、アザールを安売りするつもりは毛頭ないようだ。この値段設定を受け、レアル側がどう動くかも注目だ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング