大迫勇也が4分間で2ゴール! 日本代表“不動の1トップ”が劣勢の試合展開を一変

FW大迫の2ゴールで日本代表が逆転に成功【写真:AP】
FW大迫の2ゴールで日本代表が逆転に成功【写真:AP】

0-1で折り返した後半11分と15分に連続ゴール

 森保ジャパン不動のエースが貫禄のゴールでチームを劣勢から救い出した。9日にアジアカップ初戦のトルクメニスタン戦を迎えた日本代表は、0-1とリードを許して試合を折り返したが、1トップで先発のFW大迫勇也(ブレーメン)が後半11分と15分に連続ゴールを決めて逆転に成功した。

 日本は前半26分にトルクメニスタンのMFアマノフに、強烈な右足ミドルシュートを決められて失点。一瞬の隙をつかれてリードを許した。

 前半は0-1のまま折り返す展開となったが、沈黙していた大迫が後半に覚醒。まずは11分、左サイドのMF原口元気(ハノーファー)からグラウンダーのパスを右足でトラップし、左足でキックフェイントを繰り出してDFを翻弄。右足のシュートでフィニッシュを決めた。

 1-1の同点とした4分後、再び左サイドから今度はDF長友佑都(ガラタサライ)の右足アウトサイドのクロスを大迫がダイレクトで合わせて、勝ち越しに成功した。

 ロシア・ワールドカップでも日本の攻撃を牽引した“半端ない”ストライカーが、このアジアカップでも期待に応えた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング