栄えある1位は誰? サッカー界で「最も評価額が高い選手」を世界的会計事務所が算出

(左から) ケイン、メッシ、ネイマール、ムバッペ、サラー【写真:Getty Images】
(左から) ケイン、メッシ、ネイマール、ムバッペ、サラー【写真:Getty Images】

世界4大会計事務所が「最高額評価」を与えたのはPSGのFWネイマールで282億円

 サッカー界で現在最も評価額が高い選手はいったい誰なのか――。世界4大会計事務所の一つに数えられるオランダ「KPMG」によれば、それはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールなのだという。その価値は2億2910万ユーロ(約282億円)と査定され、同僚のフランス代表FWキリアン・ムバッペやバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらを抑えてトップに立った。

 これはKPMG社による独自のベンチマークで算出されたもので、上位50人までが公開されている。2019年1月1日時点でトップはネイマールで、その評価額は日本円で約282億円。フットボール界史上最高額の移籍金でバルセロナからPSGへ渡った26歳が、サッカー界の頂点に立った。

 それに続くのは、ネイマールとクラブで同僚のムバッペだ。2億1500万ユーロ(約266億円)とネイマールに迫った。3位はメッシで2億330万ユーロ(約251億円)とトップ3が2億ユーロ超えとなった。

 4位には昨季のリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー。1億6830万ユーロ(約207億円)で、アフリカ国籍、そしてプレミアリーグ所属の選手としては最高額だった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング