「僕は蝋燭でいい」 青森山田を救った“名脇役”澤田、驚異のロングスロー2発で4強進出

逆転勝利で準決勝進出を決めた青森山田【写真:Football ZONE web】
逆転勝利で準決勝進出を決めた青森山田【写真:Football ZONE web】

矢板中央に先制許すも、ロングスローから2ゴールを奪い逆転勝利

 第97回全国高校サッカー選手権は5日に準々決勝が行われ、等々力陸上競技場での第1試合では2大会前の王者である青森山田(青森)が、前回大会ベスト4の矢板中央(栃木)に2-1で逆転勝ちし、12日の準決勝で尚志(福島)と対戦することになった。

 両チームが挙げた3得点は、いずれもロングスローから生まれた。

 前半14分、青森山田は矢板中央のDF後藤裕二の長いスローインをいったんクリアしたが、再び後藤に拾われてファーポストに送られたパスをMF眞島聖弥にヘッドで押し込まれて先手を取られた。初戦の2回戦から6-0、3-0と圧勝してきた青森山田にとっての今大会初失点。しかし高円宮杯U-18プレミアリーグで揉まれたチームは慌てず騒がず、反攻の時期を探っていた。そして前半のアディショナルタイムに入る直前、チャンスは到来した。

 MF澤田貴史が右から遠投。矢板中央のDFにヘッドで跳ね返されたものの、MF武田英寿が右足で強烈なボレーシュート。これをDF二階堂正哉が頭でコースを変え、最高の時間帯に値千金の同点ゴールをものにした。

 黒田剛監督は「矢板中央は1点を取って逃げきるのが上手いので、あの得点が大きかった。この勝負で一番貴重なゴールになった」と喜んだ。

 決勝点は青森山田のリズムで進んでいた後半26分。今度は左からのロングスロー。澤田がニアポストに投じたボールはDFにクリアされたが、澤田が出足鋭くこぼれ球を回収。遠いポストに送ったクロスをFW佐々木銀士が頭で落とすと、二階堂が右足で巧みにトラップし、素早く左足を振り抜いて弾丸シュートを突き刺した。

 公式戦で1試合2得点は初めてという二階堂の身長は、177センチと際立って大柄なわけではないが、セットプレーになるとセンターバックの位置から必ずゴール前に上がってくる。黒田監督は二階堂に口酸っぱく言い続けてきた。

「遠いポスト際にボールが抜けて来ることがよくある。(ゴール前では)みんなが一生懸命に競るから、ポジションを変えずにずっとそこにいるんだ。必ず来るぞ」

 あの決勝点は、まさに指揮官の教えどおりだった。「そんなに点を取る子ではないが、誠実に生活し続けてきた結果でしょう」と褒めた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング