ユナイテッドMFポグバの“悪夢のタックル被害”に海外騒然 「確信犯だ」「出てイエロー」

相手選手から過激なタックルを受けたMFポグバ【写真:Getty Images】
相手選手から過激なタックルを受けたMFポグバ【写真:Getty Images】

ニューカッスル戦で背後からMFシェルビーに悪質タックルを受けるもカードは出されず

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間2日のプレミアリーグ第21節で、ニューカッスルを2-0で撃破。オレ・グンナー・スールシャール監督体制となって、4連勝を飾った。好調のフランス代表MFポール・ポグバはノーゴールに終わったなか、相手選手の過激なタックル被害に遭ったがカードが提示されず、その判定が海外で話題を呼んでいる。

 ユナイテッドはニューカッスル戦、後半19分にベルギー代表FWロメル・ルカクのゴールで先制すると、同35分にイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードがダメ押しの2点目を奪い、2019年最初のゲームで幸先良く白星を飾った。

 スールシャール体制3試合で4得点3アシストと爆発して注目を浴びたポグバは、ニューカッスル戦ではノーゴールだったが、後半のワンプレーが話題となっている。

 敵陣に攻め込んだポグバは右サイドにパスを出そうとしたが、目の前のマーカーの足に当たってルーズボールに。背後からニューカッスルのイングランド代表MFジョンジョ・シェルビーが猛スピードで迫ってきたため、ボールとの間に体を入れてキープを試みた。すると、シェルビーのスパイクの裏を見せた強烈なタックルが右足の膝裏を直撃。ピッチに打ち付けられたポグバは、悶絶して痛がった。ポグバは主審に蹴られた患部を見せて悪質ファウルを主張したが、カードが提示されることはなくプレー続行となった。

 オーストラリアのスポーツ専門チャンネル「オプタス・スポーツ」の公式ツイッターは、「ジョンジョ・シェルビーがこのチャレンジで、レッドカードを回避してラッキーだったのか?」と動画付きで紹介。英サッカー番組「Soccer AM」公式ツイッターもシェルビーのスパイクがポグバを直撃する瞬間の写真を公開すると、「シェルビーはボールに触れていない」「明らかにレッドカード」「これは確信犯だ」「タックル災害。即レッドだ」と退場処分を求める声のほか、「いや、いいチャレンジだ」「素晴らしいタックルだ」「出てイエローくらいかな」とレッドカードほどではないと主張するコメントも見受けられ、賛否両論となっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング