バイエルン、25億円で18歳神童FW獲得狙うも… チェルシーが2度目のオファー拒絶

チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】
チェルシーのFWカラム・ハドソン=オドイ【写真:Getty Images】

最初のオファー17億円から額を上げて再アプローチも失敗、チェルシーは50億円と評価

 バイエルン・ミュンヘンは、チェルシーの18歳FWカラム・ハドソン=オドイ獲得を狙って2000万ユーロ(約25億円)で2度目のオファーを送ったが、チェルシーが拒絶したと英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。ドイツではドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョの成功を目の当たりにしたクラブが若き才能の発掘に当たっているという。

 U-19イングランドン代表のハドソン=オドイは1月の移籍市場でバイエルンのトップターゲットとされている。最初は1350万ユーロ(約17億円)、2度目は2000万ユーロ(約25億円)とオファー額を上げてアプローチしたが、いずれも失敗に終わった。チェルシーは18歳の逸材を約4000万ユーロ(約50億円)と評価しているという。

 記事では、ドイツサッカーのジャーナリスト、ラファエル・ホニグシュタイン氏がハドソン=オドイに関して「多くのクラブが感心を示している」と指摘。そこにはドルトムントの成功例が大きく影響していると語る。

「サンチョの影響がある。みんなネクスト・サンチョを手に入れたいと考えている。彼(ハドソン=オドイ)の気持ちになって考えてみればネクスト・サンチョになれると考えているだろう」

 サンチョはドルトムントでブレークし、昨年18歳でイングランド代表にデビュー。イングランドからドイツに渡って成功した代表格となっている。新たなサンチョを求めるバイエルンは、チェルシーとの交渉をまとめ上げることができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング