香川らは「今冬の放出候補」と独誌報道 ドルトムントMF陣の“人員整理”は不可避か

ベンチ外の日々が続いている香川【写真:Getty Images】
ベンチ外の日々が続いている香川【写真:Getty Images】

複数選手に退団の噂が浮上も…ツォルクSD「まだ何も確かなことは決まっていない」

 ドイツ・ブンデスリーガも前半戦は残すところ3節となり、冬の移籍市場に向けて首脳陣は忙しい時期を迎えている。首位を快走するドルトムントでは、今夏果たせなかった“人員整理”が今冬に行われるのではないかと見られているが、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はまだ何も決まっていないと語っている。ドイツ誌「キッカー」が報じた。

 ドルトムントでは今季、MF勢を中心に人員過多となっており、夏の移籍市場でMF香川真司をはじめ、複数の選手が移籍するのではないかと思われていた。しかし、結局“人員整理”があまり進まないまま夏のマーケットは終了。ベンチを温める選手が大勢出る状況となっており、香川に至ってはブンデスリーガに2試合出場したのみで、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を含め、ベンチ外となる日々が続いている。

「キッカー」誌は、「ツォルクSDが“給与支払い名簿”から名前を削除した最後の選手が、移籍市場最終日に移籍した元トルコ代表MFヌリ・シャヒンだったが、1月には大所帯のドルトムントのスカッドをスリムにするため、さらなる選手がこれに続くだろう」と予想している。そして放出候補について、「なかでもMFシンジ・カガワは退団を検討中だが、ほかにもDFジェレミー・トルヤン、MFセバスティアン・ローデ、MFジェニス・ブルニッチ、あるいはスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクといった選手は、ルシアン・ファブレ監督の下、輝ける可能性はもうない」と記し、香川を筆頭に複数のメンバーがドルトムントに別れを告げるのではないかとしている。

 しかしツォルクSDは「実際のところ、まだ何も確かなことは決まっていない」とコメント。もし他クラブからオファーが来れば「もちろん、それに対応していかなくてはならない」としながらも、退団が噂される選手についての確固たる打診はなく、何も決まっていないとの見解を示している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング