名門レンジャーズMF、レッドカード多発に苦言 「選手から罰金を取ったほうが…」

レンジャーズのMFアンディ・ハリデイ【写真:Getty Images】
レンジャーズのMFアンディ・ハリデイ【写真:Getty Images】

公式戦計8枚のレッドカードを受けたレンジャーズ、MFハリデイがチームに危機感

 スコットランド1部の名門レンジャーズでプレーするMFアンディ・ハリデイは、レッドカードを提示された選手に罰金を科すなど、何か対策を行うべきだと述べている。スコットランド紙「ザ・ナショナル」が報じた。

 レンジャーズは今季、公式戦で計8枚のレッドカードを受けているなか、リーグ戦とリーグ・カップ戦では累積警告で出場停止者も出ている。特にコロンビア代表FWアルフレード・モレロスは、国内リーグで累積警告での退場や一発退場、UEFAヨーロッパリーグ(EL)でも累積警告による出場停止となった。

 ハリデイは、今後同じことが起きた場合に何をすべきかを、選手らも考える必要があると主張。「まだ解決策は見出せていないが、何かを変えなければならない。もしかしたら、選手から罰金を取るべきかも……」と、この状況に危機感を抱いている。

「常に、すべてをスタッフに任せることはできない。なぜなら、彼らは選手のトレーニングですでに十分やっているからだ。僕たちは、チーム内で自分たちに何ができるかを話し合うべきだと思う。かなり多くのレッドカードをもらっていて、それがチームの性格を証明している。結果的に勝ち点にも影響したことも数回あった」

 選手は競争的であると同時に、自分をコントロールして冷静になる必要があるとし、「今季のレッドカード数は受け入れがたい。そのなかのいくつかは悪質だったし、いくつかは正当化された」とコメント。「最終的には勝ち点だけでなく、タイトルも失いかねない」と指摘し、何か対応を図るべきとの見解を示した。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング