イブラヒモビッチは他国のオファー待ち? 獲得狙う古巣ミランは長期戦を覚悟

ACミランが獲得を狙う元スウェーデン代表FWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】
ACミランが獲得を狙う元スウェーデン代表FWイブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

獲得には様々な調整が必要と伊メディア、イブラ自身も“焦らし”作戦か

 ACミランが冬の移籍市場での獲得を狙う元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、キャリアの選択を前に“焦らし”の時間に入った模様だ。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 記事では、「ミランのイブラヒモビッチへの狙いは幻想ではない。レオナルドは、多くの点を考慮する決断を下すうえで必要な時間を、ズラタンに与えたいと考えている」と、今季からスポーツ・ディレクター(SD)に就任したクラブOBの元ブラジル代表MFレオナルドの考えを示している。

 イブラヒモビッチは所属するMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーとの契約を1年残し、さらに不可欠な選手との評価を受けているため、移籍にはクラブの合意を必要とする。また現地メディアでは、アメリカでイブラヒモビッチのMLSでのプレーを前提に契約したスポンサーとの調整が必要だともされていた。

 一方、記事ではイブラヒモビッチ側が、他国からのオファーも待つ“焦らし”の時間に入っているともレポートしている。

「イブラヒモビッチは、引退後のキャリアのことも考慮し、さらに経済的な観点からも他のオファーが届いてから全てを並べて検討する考えがある。例えば、中国リーグのクラブだ。また、ギャラクシーを納得させるのも一筋縄ではない」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング