レスター岡崎の“電光石火アシスト”を英メディア称賛 「素晴らしい落ち着きを見せた」

岡崎が途中出場からわずか2分でマディソンの同点ゴールをアシスト【写真:Getty Images】
岡崎が途中出場からわずか2分でマディソンの同点ゴールをアシスト【写真:Getty Images】

途中出場からわずか2分でマディソンの同点ゴールをアシスト

 レスター・シティのFW岡崎慎司が、現地時間5日に行われたプレミアリーグ第15節のフルハム戦に途中出場し。ピッチに立ってわずか2分で同点ゴールをアシストするなど奮闘した。

 今季はロシア・ワールドカップで負傷した影響から出遅れ、出場機会が限られていた。第13節(11月24日)のブライトン戦(1-1)で今季のリーグ戦初先発で、いまだゴールに絡むプレーはなかったが、フルハムを率いる恩師クラウディオ・ラニエリ監督の前でインパクトを残してみせた。

 岡崎は後半27分、DFダニー・シンプソンとの交代でピッチに立った。そのわずか2分後、レスターがカウンターから相手陣内に攻め込むと、岡崎はMFデマライ・グレイとのパス交換で右サイドを突破。そして中央へグラウンダーのクロスを供給すると、フリーのMFジェームズ・マディソンが右足で蹴り込んでネットを揺らした。

 これでレスターはスコアを1-1とし、敗戦を免れた。英地元紙「レスター・マーキュリー」も「ジェームズ・マディソンがチームを救った」と報じており、岡崎のアシストはまさにお手柄と言えるものだった。

 英「BBCレスター」のツイッターは、「オカザキがボックス内で素晴らしい落ち着きを見せ、マークされていないマディソンへマイナス方向へのパスを通した」と冷静沈着なアシストを決めた岡崎を高く評価。ほかにもツイッター上では、「シンジ・オカザキが大きな違いを作り出した」「シンジ・オカザキがマン・オブ・ザ・マッチ」などと評価する声も上がっている。

 負傷でエースFWジェイミー・ヴァーディが不在のなか、岡崎は限られた出番の中で結果を残した。定位置奪取へアピールとなっただろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング