モドリッチのキャリアに影響を与えた“アーセナル移籍消滅” ベンゲル不承諾の過去告白

(左から)レアル・マドリードMFモドリッチ、ベンゲル氏【写真:AP&Getty Images】
(左から)レアル・マドリードMFモドリッチ、ベンゲル氏【写真:AP&Getty Images】

アーセナル移籍の可能性があったなか「ベンゲルから断られた」と回想

 2018年度のバロンドールは、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初受賞した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)による支配を11年ぶりに終わらせた33歳の司令塔は、過去にアーセン・ベンゲル元監督に断られてアーセナル移籍が叶わなかったことが自身のキャリアに大きな影響を与えたと語った。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 メッシとロナウド、ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランスの優勝に貢献したアトレチコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマンとパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペを抑え、バロンドールを獲得したモドリッチ。クラブではレアルのUEFAチャンピオンズリーグ3連覇に貢献し、ロシアW杯では準優勝、W杯MVPにも輝いた。

 33歳での初受賞を果たした同選手は、過去にアーセナル移籍の可能性があったことを明かし、こう述べている。

「ベンゲル(元監督)から断られたことを、自分にとって乗り越えなければならない新たなハードルとして受け取った。それが当時の僕に対する、彼の所見だったのだろう」

 その一方、バロンドールを受賞したことについて、「自分の感情を言葉で表現するのは難しい。僕にとって特別なこと」と述べ、今後の去就については「あと2年残っているし、さらにもう1年いられることを願う。このクラブは僕に多くの影響を与えたし、レアル・マドリードで引退したい。家族もここが好きだし、僕もこのビッグクラブでエンジョイし続けたい」と話し、移籍の意向はない模様だ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング