闘将シメオネ、バロンドール投票結果に持論 「私のベストはヴァランとグリーズマン」

(左から)FWグリーズマン、シメオネ監督、DFヴァラン【写真:Getty Images】
(左から)FWグリーズマン、シメオネ監督、DFヴァラン【写真:Getty Images】

モドリッチが初受賞を果たしたなか、アトレチコ所属がマイナスに働くという世論に同意

 2018年度のバロンドールは、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初受賞した。アトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、モドリッチを祝福したうえで、「私にとってのベストはヴァランとグリーズマンだった」と持論を展開している。米衛星放送「FOXスポーツ」が報じた。

 現地時間3日に発表された投票結果では、モドリッチが753ポイントで1位、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが478ポイントで2位、アトレチコのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが414ポイントで3位。過去10シーズンにわたって続いたロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)の時代に終止符を打つことになった。

 シメオネ監督はアトレチコが好敵手レアルに比べて名声を欠いていることを認めつつ、グリーズマンの受賞がより困難な状況になっているという世論に同意した。

「アトレチコでプレーすることで他の者よりも難しくなっている。なぜなら私たちの歴史のために働き、重要な場所に近づける努力をしなければならないからだ。ただ、彼が言っているように、今年に起きたことを彼は喜んでいる。彼は世界チャンピオンになった。それは本当に難しいことなんだ」

 そして、シメオネ監督はバロンドールに対する自身の考えも明かしている。

「誰もが最も適切だと思う人を選ぶことができる。我々はモドリッチを祝福するよ。彼はとても良いシーズンを過ごしたからね。ただ、私にとってのベストはヴァランとグリーズマンだ」

 ロシア・ワールドカップで優勝に輝いたフランス代表のグリーズマンとDFラファエル・ヴァラン(レアル)の名前を挙げたシメオネ監督。バロンドールは受賞できなかったが、選手にとっては名将の言葉が何よりも嬉しいかもしれない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング