堂安が現地紙「週間ベスト11」に選出 4点に絡む大活躍に称賛「ベストゲームの一つ」

現地紙の「週間ベスト11」に選出されたフローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】
現地紙の「週間ベスト11」に選出されたフローニンゲンMF堂安【写真:Getty Images】

マヒの先制弾演出&同点弾マークなど5-2の大勝を牽引「ファンタスティックな堂安」

 フローニンゲンの日本代表MF堂安律は現地時間2日、エールディビジ第14節のNAC戦(5-2)で同点ゴールを含めて計4得点に絡む大活躍を披露した。オランダメディアは今をときめく20歳のレフティーを今節のベストイレブンに選出し、「ベストゲームの一つ」と高評価を与えた。

 前半6分、堂安が右サイドでボールを持ち運び、逆サイドへアーリークロス。ピンポイントの浮き球をモロッコ代表FWミムン・マヒがダイレクトボレーで蹴り込み、フローニンゲンが幸先良く先手を取った。

 その後、2ゴールを許して1点ビハインドとなった後半13分、再び見せ場を作ったのも堂安だった。右サイドからのクロスでゴール前が混戦となるも、いち早く詰めて今季4点目となる同点ゴールをゲット。堂安は後半31分にMFデヨファイシオ・ゼーファイクの勝ち越しゴールの起点となり、その9分後にも絶妙な浮き球のパスでマヒのゴールシーンを演出した。

 オランダ紙「ELF Voetbal」は、第14節の“トッププレーヤー”の一人に堂安を演出。「数百人の日本人ファンが見守るなか、リツ・ドウアンはフローニンゲンでベストゲームの一つを披露した。アジアのドリブラーの個人技がNAC戦の成功の鍵だった。マヒが2得点を挙げたが、ファンタスティックなドウアンのおかげで5-2と勝利したのは間違いない」と絶賛した。また、オランダ紙「AD」も「今週のベストイレブン」に選出している。

 海外挑戦1年目でいきなり9得点4アシストをマークし、今季もここまで全14試合に出場して4得点2アシスト。「Ristu Doan」の名はオランダの枠を飛び出し、欧州全体に轟き始めている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング