中島翔哉、ニアサイド上を破る豪快弾 今季5点目を現地称賛「強烈な一撃」「危険な攻撃」

ポルティモネンセMF中島【写真:PORTIMONENSE SAD】
ポルティモネンセMF中島【写真:PORTIMONENSE SAD】

トンデラ戦に先発した中島、ドリブルからPKを獲得 ニアサイド上にゴールと勝利に貢献

 ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が現地時間2日、リーグ第11節トンデラ戦に先発出場し、今季5ゴール目を決めて3-2勝利に貢献した。

 試合は開始13秒にポルティモネンセが被弾するも、前半13分に中島が倒されて得たPKをFWパウリーニョが沈めて同点に追いつく。さらに同29分にはコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスが逆転ゴールを奪ってリードを広げると、前半終了間際に中島が会場を沸かせた。

 相手GKのパスミスを中島がカットし、一度ボールを失ったものの、こぼれ球を拾った味方がラストパス。オフサイドラインを巧みにかいくぐってエリア左でボールを受けた中島は、倒れ込みながらも左足を一閃。強烈な一撃がニアサイド上に突き刺さった。

 中島のゴールで3-1とリードしたポルティモネンセは、その後に1点返されるも3-2と勝利を収めている。ポルトガルメディア「MaisFutebol」は日本人アタッカーのゴールについて「ナカジマの強烈な一撃でリードを広げた。最も危険な攻撃の一つ。イングランドのクラブが宝石を強奪しようとしている理由を示した」と言及。鮮やかなシュートを称賛するとともに、移籍話が浮上している中島の価値を改めて伝えている。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング