広島が札幌と2-2ドローで2位確保 3位鹿島とともに3年ぶりのACL出場権を獲得

広島を率いる城福浩監督【写真:Getty Images】
広島を率いる城福浩監督【写真:Getty Images】

敵地で2点をリードされながら追いつく 4位広島は鹿島が天皇杯優勝時にACL出場権を獲得

 来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を懸けた直接対決、北海道コンサドーレ札幌対サンフレッチェ広島は打ち合いの末に2-2のドロー。広島が敵地で2点のリードを奪われるも、粘り強い戦いで追いついた。

 第33節終了時点で勝ち点56で2位の広島と、同54で4位の札幌。勝った方がACL出場権である3位以内を確定できることもあり、会場の札幌ドームは最終決戦のムードが漂った。「ミシャ」ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督就任1年目でクラブ史上最高位となる4位以上がすでに確定している札幌は、DF福森晃斗、MF三好康児、FWジェイらがスタメンで送り出された。

 一方、広島の城福浩監督は、広島時代のミシャ監督から薫陶を受けたMF森﨑和幸を現役ラストゲームで先発起用。3-4-2-1システムのミラーゲームにしてキックオフを迎えた。

 試合は前半3分、札幌がいきなり試合を動かす。サイドチェンジを受けた右シャドーの三好のカットインシュートがこぼれる。それをMF荒野拓馬がつないでジェイが倒れ込みながら後ろに落とすと、走り込んだMFチャナティップがダイレクトシュート。札幌が幸先良く先制に成功した。

 札幌の勢いは止まらない。同21分、福森からのロングフィードにチャナティップが抜け出す。これは一度ペナルティーエリア外に出たGK林卓人がクリアしたが、これを拾ったジェイがゴールから35メートルはあろうかという距離からループシュート。相手守備陣をあざ笑うかのような軌道でゴール右隅に収まるゴラッソで2-0とした。

 しかし広島も前半39分に反撃。MF柏好文からのクロスをFWティーラシンがつなぐと、MF馬渡和彰が追撃のゴール。2-1のスコアで折り返す。後半に入っても広島攻勢の時間が続くと、6分にスローインからの波状攻撃で再び柏のクロスからMF柴﨑晃誠が頭で流し込み2-2の同点とした。

 追いつきたい札幌は同13分、小気味良いドリブル突破を見せていた三好に代えて切り札であるFW都倉賢を投入。1点をもぎ取りにいく。すると16分に左からのロングフィードを都倉が胸トラップからのシュートに持ち込んだが、林の好セーブに阻まれた。最後まで札幌の猛攻撃を凌ぎきった広島が、2016年以来3シーズンぶりのACL出場権を確保。札幌は鹿島が天皇杯で優勝した場合、ACL出場権を手にできることになった。

 なお、勝ち点55で3位の鹿島アントラーズはサガン鳥栖戦を0-0で試合終了。2位から4位の順位は以下のようになった。カッコ内は得失点差。

2位:広島 勝ち点57(12)
3位:鹿島 勝ち点56(11)
<来季ACL出場権獲得>
4位:札幌 勝ち点55(0)

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング