相手守備陣がバランス崩して転倒 名ドリブラーの“4人抜き弾”に反響「無慈悲」「一流」

スポルティング・リスボのFWナニ【写真:Getty Images】
スポルティング・リスボのFWナニ【写真:Getty Images】

FWナニの相手守備陣を手玉――圧巻のドリブル弾をEL公式が日間最優秀スキルに選出

 スポルティング・リスボン(ポルトガル)の元ポルトガル代表FWナニは、現地時間29日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節カラバフ(アゼルバイジャン)戦で相手守備陣を手玉に取る圧巻のドリブル弾を決め、6-1の大勝に貢献している。EL公式インスタグラムもナニのゴール動画を公開し、この日の最優秀スキルに選出している。

 主将を担うナニが度肝を抜くプレーを披露したのは2-0のリードで迎えた前半33分だった。ペナルティーエリア手前でボールを受けたナニは、相手選手の重心の逆を突くボールタッチでバランスを崩して転倒させると、後から来たスライディングタックルを華麗にかわし、3人目、4人目と卓越したドリブルで打開。相手GKとの1対1も冷静に左足で流し込み、4人抜きの圧巻ゴールを決めた。

 EL公式インスタグラムは「ナニを止めるのは容易くない」と文章を添え、相手守備陣を翻弄したゴール動画を投稿。この日の最優秀スキルに選出している。コメント欄には「ELの舞台で最高のゴールが生まれた」「相手DFに対してドルブルで無慈悲に翻弄」「ナニを一体何をやってのけているんだ?」「ナニは依然として一流のドリブラー」とファンからも反響が呼んだ。

 ナニは2007年から7年間にわたりプレーしたマンチェスター・ユナイテッド時代に頭角を表し、世界屈指のドリブラーとして高い評価を受けていた。今季から復帰した古巣スポルティングでも、相手を置き去りにするドリブルは健在のようだ。スポルティングはこの試合の勝利により勝ち点を10に伸ばし、決勝トーナメント進出をつかみ取っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング