メッシの“不可能な股抜き”、スロー検証が流行 海外感嘆「トリックの王」「正直ヤバい」

バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】
バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】

リーガ13節のアトレチコ戦で海外メディア騒然のバックヒール股抜きを披露

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間24日のリーガ・エスパニョーラ第13節アトレチコ・マドリード戦(1-1)で、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスを手玉に取る“バックヒール股抜き”を炸裂させて世界中の注目を浴びたが、あまりの早業だったため、ツイッター上では何が起こっていたのか検証するスローモーションやキャプチャー画像が流行。海外メディアは「正直ヤバい」「トリックの王」と改めて称賛している。

 メッシは10月20日のリーグ第9節セビージャ戦(4-2)で右腕を骨折。全治3週間の診断を受けて2試合を欠場し、11月11日の第12節ベティス戦(3-4)で復帰した。アトレチコとの一戦が戦列に戻って2試合目となったが、テクニックで観る者を魅了した。

 0-0で迎えた前半21分、バルセロナはフランス代表DFサムエル・ウムティティが、インターセプトして前線へキック。メッシは右サイドのタッチライン際で頭で一度弾くとプレッシャーをかけにきたアトレチコのブラジル代表DFフィリペ・ルイスを腕でガードしながら、落ちてきたボールを左足かかとで狙いすましてヒット。股下を抜くと同時に自身もくるりと反転して相手を置き去りにした。

 試合翌日の25日、オーストラリアのサッカー情報サイト「The World Game SBS」は、「リオネル・メッシは驚くべき魔法の瞬間でサッカー界を震撼させた」と報じ、スペイン紙「AS」は「たとえ1000回やってもできない」とその難易度の高さを表現していた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング