本田圭佑は「見ているのが楽しい」 メルボルンV監督、圧巻の得点関与率を大絶賛

メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑(左)、チームを率いるマスカット監督(右)【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑(左)、チームを率いるマスカット監督(右)【写真:Getty Images】

シドニーFC戦でも決勝点をマーク 今季3得点3アシストの活躍で2位浮上のチーム牽引

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は、25日に行われたAリーグ第5節シドニーFC戦に先発出場し、自身で得たPKを沈めて2-1の勝利に貢献した。決勝PKで2試合連続ゴールをマークした背番号4に対し、ケビン・マスカット監督も「見ているのが楽しい」と高評価を与えている。

 本田がネットを揺らしたのは、1-1で迎えた後半25分だった。ペナルティーエリア手前からのパスに抜け出した本田は、そのままエリア内に進入すると、シュートを警戒した相手DFの体を投げ出すタックルに遭い、転倒させられてしまう。これがPK判定となり、キッカーを務めた本田は、相手GKの逆を突くキックでゴール左隅に流しこんだ。

 試合はそのまま2-1でメルボルン・Vが勝利し、チームはリーグ3連勝を飾った。一時は最下位に沈んでいたが、一気に2位まで浮上。なかでも、本田は5試合で3ゴール3アシストと大車輪の活躍を披露し、チームを牽引している。

 オーストラリアのサッカー情報サイト「The World Game SBS」は、試合後のマスカット監督のコメントを紹介。年俸制限を受けないマーキープレーヤーとして加入し、大きな期待を背負う本田について「見ているのが楽しい」と話し、「ホンダは試合に大きな影響を与えた。彼はエクセレントだった。彼がゲームに影響を与え続けるなら、私はハッピーだろう」と絶大な信頼を寄せている。

 リーグ連覇を狙うメルボルン・Vの中心には、間違いなく本田の存在がある。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング