「日本人スターが初黒星与えた」 PK弾で勝利に貢献の本田を海外称賛「鼻高々な存在」

2試合連続ゴールをマークした本田【写真:Getty Images】
2試合連続ゴールをマークした本田【写真:Getty Images】

1-1で迎えた後半に本田が倒されてPK…自ら沈めて決勝ゴール

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は25日に行われたAリーグ第5節シドニーFC戦に先発出場し、自身で得たPKを沈めて2-1勝利に貢献した。決勝PKで2試合連続ゴールをマークした本田の活躍を海外メディアが称えている。

 本田がネットを揺らしたのは後半25分だった。ペナルティーエリア手前からのパスに抜け出した本田はそのままエリア内に進入すると、シュートを警戒した相手DFの体を投げ出すタックルに遭い転倒させられてしまう。これがPK判定となり、キッカーを務めた本田は、相手GKの逆を突くキックでゴール左隅に流しこんだ。

 試合はそのまま2-1で終了し、メルボルン・Vが勝利し、チームはリーグ3連勝を飾った。本田は5試合で3ゴール3アシストと大車輪の活躍を披露しており、衛星放送「FOXスポーツ」の公式ツイッターは「“シドニー陥落の設計士” メルボルン・Vにおける鼻高々な存在として、ケイスケ・ホンダは輝きを放っている」と記した。

 シドニーFCは開幕からの4試合で2勝2分と無敗をキープしていたが、メルボルン・Vが今季初めて土をつけた形だ。「FOXスポーツ」の記事では「また輝きを放ったのはホンダだった。日本人スターがシドニーFCに今季初黒星を与えた」と伝え、重要な役割を担った本田の働きを称賛している。

 本田にとって初のオーストラリア挑戦だが、これまでオランダやロシア、イタリア、メキシコと各国リーグを渡り歩いた百戦錬磨のアタッカーは、その経験を遺憾なく発揮。32歳のレフティーは新天地で日に日に存在感を高めている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング