“神の子”トーレスが歓喜の咆哮! 華麗な切り返しでDF無力化、鳥栖の自動降格“回避弾”

鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】
鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】

トーレスが今季リーグ3点目、横浜FMを2-1で破りJ1残留へ前進

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、24日に行われたJ1第33節の横浜F・マリノス戦でチームを救う決勝ゴールを挙げ、2-1の勝利に貢献した。

 15位に位置する鳥栖は、14位湘南ベルマーレ、16位名古屋グランパスと勝ち点37で並んでいる状況下で、この一戦を迎えた。この日もキャプテンマークを巻き、先発で2トップの一角に入ったトーレスは、残留の命運を分ける重要な一戦でワールドクラスの勝負強さを発揮した。

 1-1で迎えた後半33分、途中出場の元日本代表FW金崎夢生のパスに反応したトーレスが、ペナルティーエリア手前で右足アウトサイドで華麗な切り返しを見せて相手DFを振り切ると、そのまま右足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートはゴール左隅に吸い込まれ、今季リーグ3得点目となる値千金の決勝弾となった。

 歓喜の咆哮をあげる“神の子”に、駆け寄ったチームメートたちが飛びつき、ゴールを祝福した。試合はこのまま2-1で終了し、貴重な勝ち点3を獲得した。

 鳥栖は勝ち点40で15位を死守。残留を争う湘南と名古屋も同日に勝利を収めていたことから、決勝弾を決めたトーレスはまさしくチームの救世主となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング