「レアルを1月に去る必要のある3人」を海外メディア選出 モドリッチら名手の決断は?

(左から) イスコ、モドリッチ、ナバス【写真:Getty Images】
(左から) イスコ、モドリッチ、ナバス【写真:Getty Images】

今冬の戦力入れ替えが囁かれるレアル、放出候補筆頭にモドリッチ選出

 監督交代を経て、12試合を終えて勝ち点20で6位のレアル・マドリードは、サンティアゴ・ソラーリ新監督の下で公式戦4連勝と復調の兆しを見せているものの、なかなか低迷から抜け出すことができていない。特にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍による得点力低下を改善すべく、今冬の補強がマストとなっており、それに伴い数選手を放出しなければいけない可能性がある。米衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、1月にチームを離れる必要のある選手を3人選出。クロアチア代表MFルカ・モドリッチらが紹介されている。

 まず名前が挙がったのが、中盤の柱の一人であるモドリッチだ。ロシア・ワールドカップ(W杯)のファイナリストは、激闘の疲労もあってか今季はなかなか自身の能力を発揮することができていない。さらにクラブの経営陣がモドリッチとの新契約締結に難色を示しているとの報道もあるため、クラブを離れるべき選手の一人に挙げられた。モドリッチを巡っては今夏からインテルが獲得に関心を寄せており、移籍する可能性もあるとしている。

 2番目に挙げられたのは、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスだ。2014年夏からクラブに在籍し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇など多くのタイトル獲得に貢献してきたが、チームからあまり敬意を払われていない。その最たる例が、毎年のようにクラブが新たなGKの獲得を目指していたこと。数年前はスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを狙っており、今夏にはベルギー代表GKティボー・クルトワを獲得。今季はそのクルトワの存在もあって、リーグ戦出場はわずか2試合と苦しい状況が続いている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング