元日本代表MF清武、同僚の華麗な“リフティング新技動画”に感嘆 「すげい」

C大阪MF清武弘嗣【写真:Football ZONE web】
C大阪MF清武弘嗣【写真:Football ZONE web】

C大阪MF田中、“レジェンド”森島氏が撮影した美技リフティングの動画を公開

 J1セレッソ大阪の元日本代表MF清武弘嗣は、同僚のMF田中亜土夢が公式ツイッターに更新したリフティングの新技に驚嘆している。

 2012年からニュルンベルク、ハノーファー、セビージャと欧州を渡り歩いた清武は、17年の開幕前にC大阪へ復帰。その後は度重なる負傷に苦しんできたが、J1第30節のFC東京戦(1-0)では決勝点となる華麗なボレー弾を決めるなど、随所で存在感を発揮している。

 そんな清武が16日、自身のSNSで感嘆の声を上げたのが、同僚MF田中が公式ツイッターで公開したリフティングの新技動画だった。

 クラブのレジェンドである森島寛晃氏がカメラマンを務めた映像で、田中はまず地面に置いたボールを右足アウトサイドに乗せてすくい上げると、そのままのステップで高く飛び上がり、今度は左足をカンフーキックのように高く蹴り上げながらボールの外側から回し、インステップで受けるという美技を披露してみせた。

 この映像を見た清武は、自身の公式ツイッターで「すげい。笑」と一言添えて引用ツイート。それに対し、田中本人も「あざす! コツは下半身に詰まった筋力でもっていく!笑」と返信し、先輩にアドバイスを送っていた。

 清武も足もとの高い技術を誇る選手の一人だが、田中のリフティングスキルは舌を巻くものだったようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング