松本がJ2初優勝で4年ぶり、大分が6年ぶりのJ1昇格! 勝ち点「1」差で上位4チーム明暗

(上から)松本山雅FC、大分トリニータがJ1昇格!【写真:Getty Images】
(上から)松本山雅FC、大分トリニータがJ1昇格!【写真:Getty Images】

横浜FCは得失点差で自動昇格逃す、大宮が逆転でプレーオフ出場へ

 J2最終節となる第42節が17日行われ、松本山雅FCが初優勝で4年ぶりのJ1昇格、大分トリニータが2位に入り6年ぶりのJ1昇格を決めた。この結果、J1の降格は17位と18位、16位がプレーオフに出場することが決まった。

 第41節終了時点で、昇格プレーオフ圏内の可能性が残る7位大宮アルディージャまでの順位は以下の通りだった。

1位:松本 勝点76
2位:大分 勝点75
<ここまでJ1昇格>
3位:町田 勝点75
4位:横浜FC 勝点73
5位:東京V 勝点70
6位:福岡 勝点69
<ここまでプレーオフ出場>
7位:大宮 勝点68

 J2優勝の可能性があったのは4クラブ。首位松本は徳島ヴォルティス、2位大分はモンテディオ山形、3位FC町田ゼルビアは東京ヴェルディ、4位横浜FCはヴァンフォーレ甲府とそれぞれ対戦するなか、真っ先にゲームを動かしたのは大分。前半18分にMF星雄次の先制ゴールで1-0と先手を取った。

 勝てば自力で優勝を決められる松本は、FW高崎寛之が何度かシュートチャンスを迎えたものの、前半はスコアレス。逆転優勝の目がある町田、横浜FCもスコアを動かすことなく45分間を終えた。

 前半終了時点での“順位変動”はこうなった。

1位:大分
2位:松本
<ここまでJ1自動昇格>
3位:町田
4位:横浜FC
5位:東京V
6位:福岡
<ここまでプレーオフ出場>
7位:大宮

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング