イブラヒモビッチが37歳で“新人王”受賞 22得点の活躍にMLS公式「なんてシーズンだ」

イブラヒモビッチが37歳で“新人王”を受賞した【写真:Getty Images】
イブラヒモビッチが37歳で“新人王”を受賞した【写真:Getty Images】

27試合22ゴール10アシスト! ルーニーらを抑え得票率36.36%を獲得

 MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、リーグの年間最優秀ニューカマー賞(ニューカマー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。加入1年目に27試合で22得点10アシストと圧巻のパフォーマンスを披露し、37歳にしてアメリカの“新人王”となった。

 今年3月、マンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに加入。2017年4月に負った右膝前十字靭帯損傷の重傷の影響が心配されていたが、アメリカの地で以前と変わらぬ決定力の高さを披露。9月にはキャリア500得点を達成するなど健在ぶりを示した。

 投票でイブラヒモビッチは得票率36.36%を獲得してトップに立った。32.25%のFWウェイン・ルーニー(D.C.ユナイテッド)、13.47%のFWカルロス・ベラ(ロサンゼルスFC)といった選手を抑えての受賞となった。

 MLS公式ツイッターでは今シーズン生まれたイブラヒモビッチのスーパーゴールやプレーの数々を動画で紹介。「エンターテイメントレベルは10点満点中の10点。なんてシーズンだ」とカリスマの活躍を祝福した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング