バルサFWスアレス、クラシコでのハットトリックに自信 「ほぼ毎年ゴールを決めてる」

伝統の一戦「エル・クラシコ」でハットトリックを決めたバルセロナFWスアレス【写真:AP】
伝統の一戦「エル・クラシコ」でハットトリックを決めたバルセロナFWスアレス【写真:AP】

クラシコ史上初のVARによるPK判定をきっちり決めて、ハットトリックが幕開け

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、現地時間28日のレアル・マドリードとの伝統の一戦「エル・クラシコ」でハットトリックを決め、5-1の大勝に貢献した。AP通信が試合後のスアレスのコメントを伝えている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)が退団し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが肘の骨折により欠場となった今回のクラシコ。バルサは試合開始直後からポゼッションを取り、レアルは機を見てカウンターを繰り出すというお馴染みの展開となるなか、前半11分にバルサが真骨頂の崩しを見せる。

 クロアチア代表MFイバン・ラキティッチの最終ライン裏をついたパスに左サイドバックのスペイン代表DFジョルディ・アルバが抜け出す。これをゴールライン上までえぐってマイナスのパスを出すと、スアレスが引きつけたところにゴール前でフリーとなったブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが難なく左足でシュート。お手本通りの連動性で、バルサが1-0と先手を取った。前半30分にクラシコ史上初のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によるPK判定が下ると、キッカーのスアレスがベルギー代表GKティボー・クルトワの守るゴール右隅へと流し込み、バルサが2-0とした。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング