アーセナルMFエジル、批判対処法の“二択論”に言及 「僕を好きかそうでないか…」

アーセナルMFエジル【写真:Getty Images】
アーセナルMFエジル【写真:Getty Images】

「無気力」と非難されるなど矢面に立ってきた男は「笑い飛ばしている」と大人の対応

 アーセナルMFメスト・エジルは、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談やドイツ代表からの引退表明など、その言動は大きな注目を集め、時に非難にさらされてきた。自身に対する批判の受け止め方や自分の性格などについて、希代のプレーメーカーが英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで語った。

 現地時間22日のプレミアリーグ第9節レスター戦(3-1)で、自ら決めた同点ゴールを含む全得点に絡んだエジル。プレミアリーグ通算30得点を達成するなど文句なしの活躍を見せ、試合後には「今夜、僕らはセクシーなフットボールができたと思う。このチーム、このクラブのキャプテンを務められたことも誇らしい」と公式ツイッターに綴っていた。

 そんなエジルだが、過去にはスランプに苦しみ、たびたび「無気力」と批判されてきた。しかし、本人は批判については「笑い飛ばしているよ」と言及。「僕はもう若手じゃない。16歳、17歳の頃にプロ生活をスタートし、常に浮き沈みを経験してきた。人々は僕を好きかそうでないかのどちらかだ。そういう人たちの意見は聞かないようにしている。僕は監督と、面と向かって話をしてくれる人の言葉を聞くだけだ」と語った。

「一番重要なことは監督が僕を助けてくれるということ。間違ったら彼が教えてくれる。互いに話をし、僕は今後に向けて改善していくことができる。人々がとにかく僕について悪いことを言うのは、紙面を飾りたいからだと思う。それが分かっているから、そういう人たちのことは気にしないよ」

 今年はいわゆる“エルドアン騒動”やドイツ代表引退を巡り、エジルに関してはマイナスな論調が紙面を賑わせた。しかし、こうした問題を含め、批判などと上手く付き合っているという。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング