レスターに衝撃… オーナー所有のヘリコプターが墜落し大炎上 搭乗者は不明

スタジアム付近でオーナーの所有するヘリコプターが墜落し大炎上する事故が起こった【写真:Getty Images】
スタジアム付近でオーナーの所有するヘリコプターが墜落し大炎上する事故が起こった【写真:Getty Images】

試合直後にヘリコプターがスタジアム近辺で墜落

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは現地時間27日、プレミアリーグ第10節でウェストハムと本拠地で対戦し、1-1と引き分けた。試合後、スタジアム付近でオーナーの所有するヘリコプターが墜落して大炎上する事故が起きたことを、英公共放送「BBC」など複数メディアが報じている。

 試合終了1時間後にオーナーのヘリコプターが本拠地キング・パワー・スタジアムのピッチから離陸するも、その直後にバランスを崩し、駐車場で墜落したという。ヘリコプターは離陸した時点で不安定にスピンし始め、墜落した瞬間に大きな火柱が立ったという。

 オーナーのヴィチャイ・スリヴァッタナプラバ氏が搭乗していたかは不明だが、試合観戦にたびたびヘリコプターで訪れていたこともあり、搭乗していた可能性も捨てきれないようだ。

 また、記事によるとスタジアム近辺にいたレスターのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルがヘリコプター墜落直後、現場へ向かって駆け寄ったが、炎上していることもあり警備員に止められていたという目撃もあったという。

 この事故を受け、元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディや対戦相手のウェストハムが公式ツイッターで無事を祈る投稿をしている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング