C・ロナウドの衝撃――名門ユナイテッドOBが証言 「確かに天狗だった。でも…」

古巣マンU戦、先発フル出場を果たしたロナウド【写真:Getty Images】
古巣マンU戦、先発フル出場を果たしたロナウド【写真:Getty Images】

ロナウドとユナイテッドで共闘した元南アフリカ代表MFフォーチュン氏が当時を回想

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節で、古巣マンチェスター・ユナイテッドの本拠地オールド・トラフォードへの帰還が実現した。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 先発フル出場を果たしたロナウドは、得点こそ奪えなかったものの、前半17分に生まれたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの決勝点を演出し、同38分には直接FKでユナイテッドを脅かすなど、随所で存在感を発揮。チームの1-0の勝利に貢献した。

 2003年にユナイテッドへと加入したロナウドはすぐさまエースとしての立場を確立すると、在籍6年間でプレミアリーグを3度制覇し、リーグ年間MVPに2度選ばれ、08年にはバロンドールも受賞。そんなスターの凱旋に、試合後のスタジアムではユベントスファンだけではなく、敗れたユナイテッドファンも「ビバ・クリスティアーノ」とのチャントを合唱するなど称えている。

 かつて、ロナウドと同時期にユナイテッドでプレーしていた元南アフリカ代表MFクイントン・フォーチュン氏は英紙「ザ・ガーディアン」のインタビューに応じ、当時のロナウドをこう振り返った。

 2003年8月7日、サー・アレックス・ファーガソン氏率いるユナイテッドが1-3で敗れたスポルティングとの親善試合で、ロナウドの驚くべき才能が初めて発覚した。スポルティングのホームで行われたその試合に出場していたフォーチュン氏は、「私が初めてロナウドを見た時、彼はどんな角度からも我々を脅かしてきた。それで我々は思うんだよ。『お願いだから、こっちに来ないでくれ』ってね。その後のロッカールームでは、選手たち皆が『俺達は今、何を目撃したんだ?』って話していたよ。彼は本当にアメージングだった」と、ロナウドと衝撃的な出会いを明かした。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング