鹿島が水原三星撃破! 打ち合いの死闘を韓国メディア称賛「爽快な名勝負」「素晴らしい」

日韓クラブの壮絶な打ち合いに韓国メディアも感銘を受けたようだ【写真:Getty Images】
日韓クラブの壮絶な打ち合いに韓国メディアも感銘を受けたようだ【写真:Getty Images】

敵地での準決勝第2戦は3-3ドローも… 2戦合計6-5で鹿島がクラブ初のACL決勝進出

 鹿島アントラーズは24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦の水原三星(韓国)戦で3-3と引き分けるも、2戦合計スコア6-5で競り勝ち、クラブ初のACL決勝進出を決めた。壮絶な打ち合いを演じながら一歩及ばなかった水原三星だが、韓国メディア「マイデイリー」は「爽快な名勝負」「素晴らしい試合」と称賛している。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 鹿島は本拠地カシマスタジアムでの第1戦で3-2と勝利し、勝利か引き分けで史上初のACL決勝進出が決まる状況のなかで第2戦を迎えた。

 負傷離脱中の元日本代表DF内田篤人、U-19アジア選手権に出場中のMF安部裕葵を欠くなか、前半24分に元日本代表DF山本脩斗のゴールで先制。ところが後半7分、8分と連続で失点し、さらに同15分にも被弾して1-3と追い込まれた。だが、同19分に元日本代表DF西大伍が1点返すと、同37分にMFセルジーニョが同点弾。試合はそのまま3-3で終了するも、第1戦を含めて2戦合計6-5と鹿島が上回った。

 激しい撃ち合いを演じ、目まぐるしく変わる状況を受けて、韓国メディア「マイデイリー」は試合中に「逆転の咆哮!」などゴールを速報。最終的に水原三星のベスト4敗退が決まったが、両軍が試合終了後に握手を交わしている写真を紹介し、「爽快な名勝負」「素晴らしい試合」と激闘を称賛している。

 水原三星にとっては本拠地での敗退で苦汁をなめる結果となったが、日韓クラブの白熱した試合に韓国メディアも感銘を受けたようだ。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング