「チェルシーでのトーレスのようだ」 マンUで不振のサンチェス、英解説者が衰え指摘

マンUで不振のサンチェス、英解説者が衰えを指摘【写真:Getty Images】
マンUで不振のサンチェス、英解説者が衰えを指摘【写真:Getty Images】

元イングランド代表DFのキャラガー氏は期待外れのサンチェスに厳しい視線

 マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、今年1月にアーセナルから加入後、わずか4ゴールしか決められずに期待を裏切っている。元イングランド代表DFで解説者のジェイミー・キャラガー氏は、そのサンチェスをかつてチェルシーで苦しんだ元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(現・サガン鳥栖)にたとえた。英紙「テレグラフ」が報じている。

 サンチェスは、バルセロナやアーセナルといったビッグクラブで活躍し、輝かしいキャリアを送ってきた。今年1月の移籍市場でユナイテッドに加入した際の年俸は、クラブ最高額の1400万ポンド(約21億円)とも言われている。

 クラブは、サンチェスに栄光のエースナンバーである7番を用意。大きな期待を背負ったが、ここまでユナイテッドでは公式戦25試合に出場してわずか4得点にとどまっている。今季は公式戦11試合のうち、スタメン出場は半分以下の5試合と、放出も噂されるようになった。

 この不振のアタッカーに、解説者のキャラガー氏も厳しい視線を送り、その衰えをこう指摘している。

「サンチェスは、もはやかつての姿ではない。マンチェスター・ユナイテッドでの彼を見ていると、アーセナル最終年の低調ぶりは単なるモチベーション低下の問題ではなかったということが確信に変わった」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング