「“ホンダ”の大合唱」 豪州デビュー弾の本田圭佑、日本人MFの人気に現地記者も衝撃

本田の注目ぶりに現地記者も衝撃を受けたようだ【写真:Getty Images】
本田の注目ぶりに現地記者も衝撃を受けたようだ【写真:Getty Images】

メルボルン・V移籍の本田が開幕デビュー弾 逆転負けも現地記者が本田の人気に驚き

 今季、オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに移籍したMF本田圭佑が開幕デビュー戦弾の離れ業を見せた。20日のAリーグ開幕戦メルボルン・シティ戦でキャプテンとして先発した本田は、前半28分に新天地デビュー弾。現地で取材していたジャーナリストは、試合前の選手紹介で「“ホンダ”の騒がしい大合唱」と衝撃を受けたようだ。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 昨夏にイタリア1部ACミランからメキシコ1部パチューカに移籍した本田は、今夏のロシア・ワールドカップ後に新天地としてメルボルン・ビクトリーを選択。夏から調整を続けてきたなか、リーグ開幕戦ですぐさまインパクトを残した。

 リーグ開幕戦はメルボルン・Cとのダービーで大きな注目を集めたなか、背番号「4」を背負った本田はスタメンに名を連ね、さらに黄色いキャプテンマークを巻いて登場。0-0のまま迎えた前半28分には、右サイドから中央に送られたクロスに反応し、相手二人に挟まれながらもヘディングシュートを放って先制ゴールを叩き込んだ。本拠地のボルテージは一気に高まり、会場は騒然となった。

 衛星放送「FOXスポーツ」オーストラリア版に記事を投稿した女性記者アンナ・ハリントン氏は、試合前の選手紹介について言及。「(メルボルン)ビクトリーのスタジアムアナウンサーでは、伝統的に各プレーヤーのファーストネーム(名)を呼び、観衆が選手の姓を叫ぶ」と記した一方、「『ケイスケ』の掛け声がかかると、『ホンダ』の騒がしい大合唱とともに、すぐに叫び声や笛、声援が鳴り響いた」と新顔である本田の注目ぶりを伝えている。

 そんな本田がデビュー弾を決め、「ホンダは別の称賛を集めた」と活躍も伝えている。試合は1-2と逆転負けを喫したが、現地ジャーナリストも本田の人気に驚いたようだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング