本田圭佑、メルボルンV主将として豪州デビュー戦で初ゴール! 開幕戦黒星も鮮烈なインパクト

チームは敗れたが、強烈なインパクトを放ったMF本田(右)【写真:Getty Images】
チームは敗れたが、強烈なインパクトを放ったMF本田(右)【写真:Getty Images】

前半28分にクロスからヘディング弾炸裂! 開幕戦フル出場もチームは1-2で惜敗

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑が、20日に行われたオーストラリアAリーグ開幕戦、メルボルン・シティとのダービーマッチにキャプテンとして先発出場。前半28分に、チームの今季第1号となる先制ゴールを叩き込んだ。試合はその後、メルボルン・Cに2点を奪われ、1-2で敗れている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 昨季限りでメキシコ1部パチューカを退団した本田は、今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)後に代表引退を示唆したなか、新天地としてオーストラリアのメルボルン・Vを選択。W杯に三度出場した“大物助っ人”として注目を集めるなか、日本代表時代と同じ背番号「4」を背負った本田は、左腕にキャプテンマークを巻き右サイドハーフで先発出場した。

 開幕戦、しかもダービーマッチという舞台も影響したのか、序盤から両者とも手堅い試合運びを見せるものの、球際の攻防では激しいプレーが展開された。そうしたなか、本田がいきなりゲームを動かす。

 前半28分、右サイドを突破したDFストーム・ルーのクロスから、中央で待ち構えた本田がパーフェクトなヘディングを叩き込む。期待に応える新天地デビュー弾に、本田もチームメイトに祝福されながら笑みを見せ、スタジアムも騒然となった。

 だが同40分、メルボルン・VはPKを献上。メルボルン・CのMFフロリン・ベレンゲルのシュートはGKがセーブするも、跳ね返りをDFリッチー・デ・ラエトに押し込まれ1-1の同点に追いつかれた。

 後半も攻撃陣を牽引する本田だったが、勝ち越しに成功したのはメルボルン・Cだった。後半25分、途中出場のMFリレイ・マクグリーにゴールを許し、メルボルン・Vは1-2と1点を追う立場となった。

 本田は同31分に、ペナルティーエリア外から左足を振り抜き際どいシュートを放ったがゴールならず。白熱のダービーマッチはそのまま2-1でメルボルン・Cの勝利に終わった。

 新天地デビュー戦でチームを勝利に導くことはできなかったが、本田はキャプテンとしてフル出場し見事に1ゴールを決めるなど、オーストラリアのサッカーファンの前で鮮烈なインパクトを放った。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング