イニエスタの体は「質の高いエンジン」 神戸コーチが明かす肉体と日本適応の秘密

イニエスタの修正能力の高さに驚かされたという【写真:Getty Images】
イニエスタの修正能力の高さに驚かされたという【写真:Getty Images】

田中コンディショニングコーチが着手したのはいかに体を疲れさせず試合を迎えられるか

 ヴィッセル神戸のコンディショニングコーチを務める田中章博が初めてMFアンドレス・イニエスタと顔を合わせたのは、7月18日だった。ロシア・ワールドカップを終え、予定より早く合流した彼のコンディショニング調整を預かることになった田中は、来日から4日後に待ち受けるJ1リーグ第17節の湘南ベルマーレ戦に照準を合わせて、仕事にあたったと振り返る。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

「本来であれば、長きにわたってアンドレスと仕事をしてきたエミリさん(エミリ・リカルト/スポーツパフォーマンスアドバイザー)がコンディショニングを受け持つ予定でしたが、彼がまだ来日していなかったことから、エミリさんともコミュニケーションをとりつつ私がその部分を預かることになりました。そのなかで重視したのは、暑熱順化の部分です。これについては私が以前に所属していた国立スポーツ科学センターで暑熱対策を研究している中村大輔氏にも相談しながら、まずは『初めて日本でプレーする海外の選手を1週間後の試合に出場させるには、どういうプログラムで暑熱順化をさせていくべきか』を考えました。

 通常、人間の体が環境に慣れるのには2週間ほど時間を要します。特に以前にいた場所より暑いところに来るほど、心拍数が上がるなどの変化が起きてしまう。それに、体というのは誰しも右肩上がりに適応していくことはなく、その過程で一度は暑さによるコンディション低下が起きてから、再び適応を見せ始めるという波がある。しかも、その最初の波は1週間目あたりに訪れるのですが、彼の場合、そのタイミングで試合に出ようとしていたわけです。イコール、通常の暑熱順化を考えるのは難しい、と。その判断から、まずは暑熱に慣らすことではなく、いかに体を疲れさせず、コンディションを崩さずに試合を迎えられるか、というプランを立てました」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング