U-19日本代表、アジア選手権初戦の北朝鮮戦は2-2で後半へ 2点リードも5分間で2失点

U-19アジア選手権、日本代表は2点差を追い付かれ後半へ【写真:ⒸAFC】
U-19アジア選手権、日本代表は2点差を追い付かれ後半へ【写真:ⒸAFC】

前半8分に先制し、19分に伊藤がミドルを打ち込むも北朝鮮の反撃に遭って2失点

 来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の予選を兼ねたU-19アジア選手権が開幕し、日本は19日にB組初戦で北朝鮮と対戦。幸先よく2点を奪ったものの、ラスト10分で同点に追いつかれて2-2でハーフタイムに入った。

 日本は前線がFW久保建英とFW田川享介、中盤にMF郷家友太、最終ラインにDF橋岡大樹と、すでにJ1レベルでの試合経験を積んでいる選手たちをスタメン起用。雨による難しいピッチコンディションのなかで、強豪の北朝鮮と初戦をスタートした。

 前半8分、相手に囲まれながら久保がボールをキープして右サイドから中央に侵入すると、裏を取ったMF斉藤光毅に柔らかいスルーパス。これを受けた斉藤光はGKとの1対1でシュートを相手に当ててしまうが、こぼれ球を自ら押し込んで貴重な先制ゴールを奪った。

 さらに日本は試合を支配しながら進めた前半19分、MF伊藤洋輝が約25メートルの距離から左足を一閃。これがゴール右に吸い込まれてリードを2点に広げた。

 その後は北朝鮮もシンプルな攻撃で日本ゴールに迫り、相手選手との接触でGK谷晃生が倒れ込んでヒヤッとする場面もあった。すると前半36分、右サイドからのクロスをMFケ・タムにニアサイドで合わせられて失点。さらにPKを献上してしまい、同41分にもMFカン・ククチョルに決められて2-2でハーフタイムを迎えた。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング