監督直々のラブコールで心変わりか 長友がジェノア移籍を決意へ

資金面の問題も解消へ

 去就が不透明なまま移籍市場の閉幕が近づいているインテルの日本代表DF長友佑都だが、ここにきてジェノアへの移籍の可能性が高まっているという。衛星放送局「スカイ・スポーツ」が伝えている。
 インテルがジェノアのアルゼンチン人MFディエゴ・ペロッティをターゲットとした補強を本格化している。そのことで、ジェノア側が長友獲得へ向けてネックとなっていた資金面の問題解消にメドがつく可能性が高まっている。一方で、長友サイドはジェノアへの移籍に大きな魅力を感じていなかったとされているが、その状況を変える出来事があったという。
「長友は、ジェノアのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督からの電話を受けた後、ジェノア移籍へ前向きな姿勢に変わった。『イエス』と答える準備が整っている」
 ガスペリーニ監督は2011年6月にインテルの監督に就任。その後、同年9月までインテルを率い、直接指導を受けたこともあるジェノア指揮官からの直電によって、長友の心は大きく動いたという。ガスペリーニ監督時代のインテルは3-4-3システムを採用し、長友は左のサイドハーフで起用された。直々に電話を掛けて加入を口説くほど指揮官からの評価は高い。
 昨季のジェノアは、リーグ戦を6位でフィニッシュ。書類上の不備がなければ、UEFAヨーロッパリーグへの出場権を獲得できるはずだった。リーグ優勝9回を誇る古豪で、1994年には三浦知良(横浜FC)が、日本人として初めてセリエAでプレーしたチームとして知られる。
 長く続いてきた長友の去就問題に、終止符が打たれる瞬間が近づいてきている。

【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】