「監督交代なんて狂ってる」 レアル主将が“危機報道”に反論「ロナウドがいた時も…」

レアルのDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】
レアルのDFセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】

アラベスに0-1敗戦、無得点で公式戦4試合白星なし 噴出する批判にラモスが持論展開

 レアル・マドリードは現地時間6日のリーガ・エスパニョーラ第8節アラベス戦に臨んだが、後半アディショナルタイムに決勝点を被弾して0-1で敗戦。公式戦4試合連続白星なしとなった。この状況にメディアも「クライシス(危機)」と煽っているが、スペイン紙「マルカ」によると主将のDFセルヒオ・ラモスは「監督交代は狂っている」「クリスティアーノ・ロナウドがいた時もゴール欠乏症はあった」と語ったという。

 この日もレアルは、フレン・ロペテギ監督の下で突き詰めているポゼッションサッカーを展開。FWギャレス・ベイルとFWカリム・ベンゼマの2トップだけでなく、ラモスも攻撃参加するなどゴールへの意欲を見せた。しかし決定的なチャンスをなかなか作れずにいると、後半アディショナルタイムにCKから痛恨の失点を喫してタイムアップの笛を聞いた。

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節CSKAモスクワ戦に続く「0-1」での連敗。直近の公式戦4試合で1分3敗、そしてゴールも全く奪えていない状況に厳しい声が挙がるなか、ラモスはこのように話している。

「時には監督交代は良い方向に出ることもあるし、そうでないこともある。今は早すぎる話だし、そもそも選手に委ねられた決断じゃないしね。他の人がその決断を下すだろうけど、監督交代なんて決して良いことじゃないし、狂っているよ。レアル・マドリードを外から書いている人たちは、長期的に間違っている」

 主将ラモスはこのように、メディアに対して牽制球を投げた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング