どうなる日本代表の基本布陣? W杯主力6人を初招集…10月連戦メンバーから予想

【図1】10月シリーズ招集メンバーを基にした日本代表「4-4-2の予想布陣」【画像:Football ZONE web】
【図1】10月シリーズ招集メンバーを基にした日本代表「4-4-2の予想布陣」【画像:Football ZONE web】

9月の初陣コスタリカ戦で4-4-2を採用、W杯主力組の復帰でポジション争いは熾烈に

 日本サッカー協会は4日、12日のパナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム)、16日のウルグアイ戦に向けたメンバー23人を発表した。今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した主力6人が森保一監督体制で初招集され、新旧戦力の融合に注目が集まるなか、現時点での代表チームの基本布陣に迫る。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 森保ジャパンの初陣となるはずだった9月7日のチリ戦は北海道地震の影響で中止となった一方、同11日のコスタリカ戦は3-0と快勝。4-4-2システムを採用した一戦で先発起用されたのは次の11人だった。

 GKに東口順昭(ガンバ大阪)、4バックは左から佐々木翔(サンフレッチェ広島)、 槙野智章(浦和レッズ)、 三浦弦太(G大阪)、室屋成(FC東京)が並び、2ボランチは遠藤航(シント=トロイデン)と青山敏弘(広島)。2列目左に中島翔哉(ポルティモネンセ)、右に堂安律(フローニンゲン)、2トップの下がり目に南野拓実(ザルツブルク)、最前線に小林悠(川崎フロンターレ)が起用された。

 10月シリーズで現体制初招集となったのは、W杯に出場したDF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF原口元気(ハノーファー)、FW大迫勇也(ブレーメン)の6人だ。いずれも主力クラスの実力で、スタメン争いは一気に熾烈さを増している。

 コスタリカ戦同様に4-4-2をベースに考えると、基本布陣は図1(別枠参照)のようになりそうだ。初招集の6人をベースに、コスタリカ戦で1ゴールの南野、存在感を放った中島や遠藤を加え、槙野が最終ラインに入ると予想される。9月シリーズでキャプテンを担った青山は、“司令塔枠”のバックアッパーか。原口と伊東は両サイドでプレー可能なため、周囲との連係次第となりそうだ。実際の試合では、テスト起用などで様々な組み合わせが見られそうだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング