鹿島FW鈴木、ACLで相手の豪快オウンゴール誘発 海外メディア「凄まじいヘディング」

鹿島アントラーズFW鈴木(右)【写真:Getty Images】
鹿島アントラーズFW鈴木(右)【写真:Getty Images】

鹿島FW鈴木のプレッシャーから… 海外メディア指摘「間違ったネットに決めた」

 鹿島アントラーズは3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の第1戦、水原三星(韓国)とのホームゲームで前半を1-2で折り返したが、反撃の一撃を呼び込んだのは鹿島FW鈴木優磨だった。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 前半2分、鹿島はCKからオウンゴールで失点。さらに同6分、左サイドでDF山本脩斗のキックがブロックされると、FWデヤン・ダムヤノビッチに突破されてゴールを許した。開始6分で鹿島は2失点と苦しい立ち上がりとなった。

 反撃に出た鹿島に幸運が舞い込んだのは、同21分だった。右サイドのMFセルジーニョがクロスを入れると、鈴木がゴール前に飛び込んだ。競り合いながらクリアを試みた水原のDFチャン・ホイクがヘディングでゴール内に飛ばし、これがオウンゴールとなって鹿島が1点を返した。

 衛星放送「FOXスポーツ」の公式ツイッターは試合状況を次々と伝え、「鈴木がチャン・ホイクにプレッシャーをかけると、DFがうっかり自軍のネットにクロスを流した」と言及。鹿島の鈴木が誘発したと指摘しながら、「凄まじいヘディングだが、間違ったネットに決めた」と豪快なオウンゴールを報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング