「コメディーな失態」 トゥールーズMF、“ジェラード”なスリップでゴール献上が話題

トゥールーズMFサンガレが転倒からゴールを返上した【写真:Getty Images】
トゥールーズMFサンガレが転倒からゴールを返上した【写真:Getty Images】

トゥールーズMFサンガレが転倒、相手FWにゴールを与えた場面に海外メディアも反応

 トゥールーズはサンテティエンヌ戦でGKからのパスを受けた選手がゴール前で足を滑らせ、ボールを奪われ失点する“ジェラード”なスリップが響き、勝ち点3を逃した。

 トゥールーズは現地時間25日、リーグ・アン第7節でサンテティエンヌと対戦し、2-3で敗れた。前半23分に先制点を許すも、後半18分にコートジボアール代表FWマックス・グラデルが同点弾を決める。しかし、そのわずか3分後、思わぬ形で勝ち越しゴールを与えてしまった。

 後半21分、GKバティスト・レネがゴールキックの場面でノックス手前まで下りてきたMFイブラヒム・サンガレにパスを供給。それを受け、素早く前を向いたサンガレだが、その際に足を滑らせ転倒してしまう。すぐさま相手選手がボールをかっさらうと、最後はFWレミ・カベッラに1対1のシュートを決められ、2得点目を許してしまった。

 スリップからの被弾に海外も反応。オーストラリアテレビ局「SBS」の番組「The World Game」は、「トゥールーズのコメディーな失態でゴール」と紹介。レネにとっては自分のパスからボールを奪われて失点し、忘れたい瞬間となってしまったと指摘するなど反響を呼んでいる。

 2014年4月27日に行われたリバプール対チェルシー(0-1)でも、同じ位置でボールを受けた元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)が足を滑らせ、相手FWデンバ・バにボールを奪われ、そのまま失点してしまう場面があった。この試合で起きた転倒も、当時大きな話題となったジェラードのスリップと重なるワンシーンとなった。

 トゥールーズは後半30分にも追加点を奪われ、同33分に1点返すも、最終的に2-3で敗れた。1点差の戦いだっただけに、チームにとっては痛恨のミスとなってしまった。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング