「ポドルスキにイニエスタの代役は不可能」 二大スターの近況に海外メディアも注目

ヴィッセル神戸のポドルスキ(左)、イニエスタ(右)【写真:Getty Images】
ヴィッセル神戸のポドルスキ(左)、イニエスタ(右)【写真:Getty Images】

イニエスタは負傷離脱、ポドルスキを中盤起用もチームは浦和に惨敗…

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタはJ1第25節コンサドーレ札幌戦で負傷交代し、欠場した浦和レッズ戦でチームは大敗を喫した。ドイツメディア「Fussball Europa」は、「次の一戦はイニエスタとポルディにとって忘れるためのマッチデイ」と見出しを打って特集し、悪い流れを断ち切るうえで重要な試合となることを強調している。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 神戸は23日、J1第27節で浦和と対戦し、0-4と惨敗を喫した。主将のポドルスキは左インサイドハーフで先発フル出場するも、シュートは1本に留まり、存在感は影を潜めた。また、イニエスタは右太ももの負傷により欠場を余儀なくされていた。一時は4位まで浮上した神戸だが、4連敗を喫したことで9位まで後退。イニエスタは母国スペインに一時帰国していた時期以来となる欠場となっていた。

 記事では「イニエスタにとって、ほろ苦い週末となった。バルサのスーパースターは欠場を経験することになった」と説明し、名手不在が試合に悪影響をもたらしたことを指摘している。

「元アーセナルのストライカー、ポドルスキがレッドカードの出場停止から戻り、セントラルMFを担ったが、スペイン人の代役を務めることは不可能だった」

 ポドルスキは強烈な左足のシュートを武器としているが、イニエスタほどのゲームメイク力やスルーパス精度を擁していないため、穴を埋めきることはできなかったと主張している。

 イニエスタは次節の鹿島アントラーズ戦の出場はまだ不透明であるものの、フアン・マヌエル・リージョ新監督の下、再スタートを切ることになる神戸。イニエスタとポドルスキが復調の鍵となることには間違いないだろう。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング