CL決勝で痛恨ミスのGKカリウス 今夏移籍でリバプールから「逃げたわけではない」

今夏トルコのベジクタシュに期限付き移籍したGKカリウス【写真:Getty Images】
今夏トルコのベジクタシュに期限付き移籍したGKカリウス【写真:Getty Images】

今季ベジクタシュでプレーする守護神が、移籍した心境を告白

 昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝で衝撃的なミスを犯したことで、知名度を上げてしまったドイツ人GKロリス・カリウスは、今夏リバプールからトルコのベジクタシュに2年間の期限付きで移籍した。CL決勝でのミスでリバプールファンの一部から激しい非難を浴びた同選手だったが、ベジクタシュ移籍は「リバプールから逃げたわけではない」と語っている。ドイツ紙「ビルト」が報じた。

 カリウスはレアル・マドリードとの昨季CL決勝で、失点につながるミスを二度犯した。キャッチしたボールをアンダースローで味方につなごうとしたところを、目の前にいたレアルの元フランス代表FWカリム・ベンゼマにカットされて失点すると、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの正面に飛んできたミドルシュートも後逸してゴールを許し、1-3敗戦の戦犯となった。

 リバプールはこの夏にブラジル代表GKアリソンを、移籍金6700万ポンド(約99億円)で獲得。プレシーズンからユルゲン・クロップ監督率いるチームで正GKとしての地位を確立し、カリウスは窮地に立たされてしまった。ベジクタシュ移籍を決断した一番の理由として、カリウスはドイツ紙「ビルト」のインタビューで「レギュラーとして出場することを強く求めていたから」だと明かした。

「ユルゲン・クロップ(監督)とはなんの問題もなかった。それよりも、非常にいい関係だった。(キエフでのミスについて)彼に責められたことは一度もない。リバプールに残って数試合に出ることもできたが、僕はナンバーワンとして、コンスタントに試合に出場したかった。誰にも退団しろとは言われなかったし、逃げたわけでもない」


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング