まるでハンプティー・ダンプティー!? 衝撃の“失踪セレブレーション”が海外で反響拡大

FCチューリッヒのMFベンヤミン・コロリ(中央)【写真:AP】
FCチューリッヒのMFベンヤミン・コロリ(中央)【写真:AP】

ELグループステージ初戦でチューリッヒMFコロリが溝に落ちるアクシデント

 FCチューリッヒのコソボ代表MFベンヤミン・コロリはUEFAヨーロッパリーグ(EL)開幕戦で決勝弾となるPKを決めたが、ゴールセレブレーション中に突如姿を消すアクシデントに見舞われた。欧州の舞台で起きた珍事件が「底抜けに面白い」「ハンプティー・ダンプティーが宿っている」と海外メディアで反響を呼んでいる。

 チューリッヒは現地時間20日、ELグループステージ開幕戦でAEKラルナカと対戦し、1-0で勝利を収めた。この日、唯一の得点となった決勝ゴールはPKによって生まれたが、キッカーを務めたコロリのゴールセレブレーションで思わぬアクシデントが起きたようだ。

 0-0のスコアレスで迎えた後半16分、チューリッヒがPKを得ると、コロリがこれを決め、貴重な先制点を奪うことに成功。歓喜を爆発させたコロリは一目散にサポーターの元へ駆け寄るために広告看板を越え、スタンド前にあった低い壁も飛び越えたが、突如その姿が消えることになる。

 なんと、サポーターが陣取るゴール裏スタンドの目の前に深い溝があったことに気づかず、壁を飛び越えたコロリはそのまま落下してしまったのだ。祝福に駆けつけたはずのチームメイトは、慌てて落下地点を見下ろした。

 幸いにも溝はそれほど深いものではなく、最終的にチームメイトに手を引かれ救助されたが、この珍事件に世界が反応。英紙「デイリー・メール」は「底抜けに面白い動画」と綴り、「どれほど深い溝だったか分かっていなかったんだろう」「彼がすぐにピッチへ戻れた幸運にありがとう」などファンの反応を紹介している。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング