「日本サッカー界で冒険を続けるために…」 鳥栖FWトーレスの“新相棒”に母国紙注目

サガン鳥栖FWトーレス【写真:荒川祐史】
サガン鳥栖FWトーレス【写真:荒川祐史】

長年愛用したアディダスに別れを告げ、ミズノとブランドアンバサダー契約

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは21日、大手スポーツ用品メーカー「ミズノ」とブランドアンバサダー契約を結んだ。母国スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」も「日本サッカー界で冒険を続けるために選んだスパイク」と指摘している。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 今夏からJリーグに参戦しているトーレスは、これまでアディダスのスパイクを愛用してきたが、今月2日のJ1第25節FC東京戦(0-0)では真っ白なミズノのスパイクを着用していた。

 21日にミズノとの契約を正式発表したが、トーレスは自身の公式インスタグラムで「歴史ある日本のスポーツブランドであるMIZUNOと契約できたことを誇りに思う。各パーツの細部にトップクオリティーと職人技が宿っている」と綴り、ゴールド仕様のスパイクを手にした写真を投稿している。

 記事でもトーレスがミズノのスパイクを新たな“相棒”とすることに注目しており、スパイクモデルを紹介しつつ、「日本サッカー界で冒険を続けるために選んだスパイク」と指摘した。

 鳥栖は現在16位と残留争いの渦中にあるが、トーレスの新契約は鳥栖だけでなくJリーグや日本サッカーにとっても、今後を見据えたポジティブな出来事になるかもしれない。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング