公式戦全試合スタメンのブレーメン大迫 胃腸に問題を抱えアウクスブルク戦欠場へ

ブレーメンFW大迫、アウクスブルク戦欠場の予定【写真:Getty Images】
ブレーメンFW大迫、アウクスブルク戦欠場の予定【写真:Getty Images】

敵地での一戦に体調不良で欠場予定

 ブレーメンは現地時間21日、日本代表FW大迫勇也が胃腸に問題を抱え、22日に行われるドイツ・ブンデスリーガ第4節のアウクスブルク戦を欠場する予定だと明かした。

 大迫はここまでブンデスリーガ3試合を含む公式戦4試合すべてに先発出場。DFBポカールのヴォルムス戦(6-1)で先制点をマークすると、ブンデスリーガ第2節のフランクフルト戦で今季リーグ戦初ゴールを挙げ、ドイツ誌「キッカー」の採点でチーム最高の「2」という評価を得た(ドイツの評定は1が最高、6が最低)。

 チームの攻撃を牽引する大迫については、ドイツ紙「Kreiszeitung」も「大迫勇也とマルティン・ハルニクが新たにチームに加わり、(マックス・)クルーゼとともに、非常に可能性のある攻撃陣を構成している」と紹介し、「最近の試合ではクルーゼと大迫がブレーメンで“最も試合に絡んだ選手”であることは言うまでもない」と言及。大迫がクルーゼとともに、チームの柱になっているとの見解を示しており、そのパフォーマンスに注目が集まっていた。

 しかし、体調不良という思わぬ形で今季の連続出場が途絶えることになった大迫。1勝2分で7位のブレーメンにとっても、敵地での一戦で攻撃の柱を失うことになりそうだ。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング