“覚醒”のC・ロナウドにイタリア三大紙が最高評価 「最高のバージョンをまた見れる」

移籍後初ゴールを決めたC・ロナウドに、イタリア三大紙も最高評価を与えている【写真:Getty Images】
移籍後初ゴールを決めたC・ロナウドに、イタリア三大紙も最高評価を与えている【写真:Getty Images】

開幕4試合目でセリエA初ゴールを含む2得点「機能すれば、脅威になる」

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間16日のセリエA第4節サッスオーロ戦(2-1)で待望の移籍後初ゴールを含む2得点を挙げた。勝利の主役となったスーパースターに、イタリア3大スポーツ紙も満場一致で最高評価を与えている。

 待望の瞬間が訪れたのは後半4分。右コーナーキックをアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが中央に蹴り込むと、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがオーバーヘッド気味にシュート。これが相手DFに当たり、ゴールポストからはね返ったボールをロナウドが抜け目なく蹴り込み、セリエA初ゴールを奪った。

 さらに、後半20分にはドイツ代表MFエムレ・ジャンがボールを持ち運んでカウンターを仕掛けると、左サイドでパスを受けたロナウドはワントラップから左足を一閃。逆サイドに突き刺さる豪快なシュートで2点目を決めた。

 イタリアメディアも千両役者の爆発を高評価。「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は「7.5点」と最高点を与えている。

「ようやくゴールを決めたが、単純にゴールを決め始めただけという印象。前半の2回のミス、そして歓喜。無得点の苦しみを切り抜けた。まさにマドリニスタのCR7。左サイドからスタートし、ストライカーとして輝いた。機能すれば、脅威になる」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング