「爆弾を投下し奇跡を起こした」 J2で生まれた“超絶40mロング弾”に海外メディア騒然

京都サンガF.C.のブラジル人FWカイオ【写真:Getty Images】
京都サンガF.C.のブラジル人FWカイオ【写真:Getty Images】

京都FWカイオが決めた圧巻の一撃に脚光

 京都サンガF.C.のブラジル人FWカイオが、ファジアーノ岡山戦で決めた約40mの超絶ロングシュートが海外メディアでも話題を呼んでいる。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 京都は15日、J2リーグ第33節で岡山と対戦し、2-2で引き分けた。この試合、1トップに配置されたカイオは鮮烈なロングシュートを叩き込み、スタジアムを沸かせた。

 0-1のビハインドで迎えた前半21分、ハーフウェーライン付近でボールを受けたカイオはドリブルで少し前方にボールを運ぶと、相手がプレスに来ないなかそのまま左足を一閃。矢のように放たれたシュートは無回転気味に鋭く変化し、ゴール左上に突き刺さった。約40mの距離からの圧巻のロングシュートに、スタジアムは騒然となった。

ハンガリーメディア「Rangado.24」は「巨大な爆弾を投下し奇跡を起こした」との見出しでゴール動画を紹介。約40mのロングシュートに対し、「我々はリーガなどでそのような破裂的な一撃をすでに見てきたが、これは日本の2部のゴールだ」と、ワールドクラスのゴールがJ2で生まれたことを紹介している。

 カイオはかつてセレッソ大阪や横浜FCでもプレーした31歳のブラジル人FWで、今年7月に中国2部の雲南麗江から京都に移籍。京都は現在、J3降格圏の21位と勝ち点2差の暫定20位と苦しんでいるが、新助っ人による超絶ロングシュートを起爆剤に勝負の終盤戦で勝ち点を積み重ねたいところだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング