苦境のディバラ、ユーベ&アルゼンチン代表で「システムの犠牲」 ベンチ要員危機に直面

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】
ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

伊メディアが指摘 C・ロナウド加入でユベントスでも居場所失う

 ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、クラブでも代表チームでもシステムの犠牲になり居場所を失う危機に瀕している。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が特集している。

 ユベントスには今季、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードから加入。世界トップクラスのアタッカーの加入により、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は最適なシステムを模索してきたが、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチを前線に起用した4-3-3システムに落ち着きそうな気配を見せている。

 一方でアルゼンチン代表も、リオネル・スカローニ暫定監督が4-3-3システムでチーム作りを進めている。ディバラの適性ポジションは4-2-3-1のトップ下や、セカンドストライカーとしてプレーできる2トップの一角であるため、そのポジションが存在しない状況に陥った。

 アッレグリ監督はディバラについて、「ネイマール(ブラジル代表/パリ・サンジェルマン)とともに、(リオネル・)メッシとロナウドが占めている地位に立つことができる存在だ」と高く評価し、スカローニ暫定監督も「彼はフェノーメノ(怪物)だ」と表現する。しかしながら、両者ともにディバラを中心としたチーム作りは行っていない。

 特集では「今のままではディバラはどちらのチームでもベンチ要員になってしまう」としている。スペインの強豪バルセロナやレアル・マドリードも獲得に興味を示しているとされるアタッカーは、このままユベントスとアルゼンチン代表の双方でプレー機会を失ってしまうのだろうか。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング