森保ジャパン、初ゴールは“オウンゴール” 佐々木の得点と発表されるも直後に訂正

森保ジャパンの初ゴールは、オウンゴールという意外な形で生まれた【写真:Getty Images】
森保ジャパンの初ゴールは、オウンゴールという意外な形で生まれた【写真:Getty Images】

佐々木のヘディングでの折り返しが相手DF直撃

 森保ジャパンの初ゴールは、オウンゴールという意外な形で生まれた。ロシア・ワールドカップ(W杯)後に就任した森保一監督の下、11日の国際親善試合コスタリカ戦に臨んだ日本代表は、前半16分に先制に成功した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合を押し気味に進めていた日本は右コーナーキックを得ると、「10番」を背負うMF中島翔哉がゴール前にボールを蹴り込んだ。それをこの日がA代表デビューのDF佐々木翔がヘディングで合わせて中央へ。それがゴール前のFW小林悠につながろうかというところで、小林をマークしていたDFブライアン・オビエドが頭でクリアを試みたが、そのままゴールに吸い込まれた。

 ゴール直後、スタジアム内では一度佐々木の得点とコールされたが、その後訂正。森保ジャパンはオウンゴールという意外な形で第一号ゴールを奪い、初陣での先制に成功した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング