本田“監督”デビューにAFC公式が注目 カンボジア代表ベンチで存在感も黒星発進

カンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)の肩書きで実質的な監督を務めている本田【写真:AP】
カンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)の肩書きで実質的な監督を務めている本田【写真:AP】

マレーシアに1-3と逆転負け

 元日本代表FW本田圭佑による初采配は、ほろ苦い黒星スタートになった。現地時間10日、首都プノンペンにマレーシア代表を迎えた国際親善試合で、“本田監督”が率いるカンボジア代表は1-3で敗れた。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 現役選手であり、10月からはオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでAリーグの戦いがスタートする本田は、カンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)の肩書きで実質的な監督を務めている。

 試合は前半18分にカンボジアが先制したが、後半に3失点しての逆転負け。本田はベンチに入り、テクニカルエリアに出て選手たちに指示を送る姿もあったと、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトではレポートされている。

 本田率いるカンボジアは、11月にAFFカップ(東南アジアサッカー選手権)を控えており、A組でマレーシアと再戦するほか、ミャンマー、ラオス、ベトナムとの対戦が決まっている。1次リーグは11月8日から24日の日程と、インターナショナルマッチウィークに入り切らない日程だけに、オーストラリアでのプレーを控える本田がどこまでチームに帯同できるかは未知数になっている。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング